佐賀に行ってみよう!

佐賀のおすすめスポット・食べ物等のご紹介

九州佐賀国際空港から成田空港へ ¥10120円

 f:id:sagayokayo:20170805204236j:image

 大阪の友人が「佐賀に  く・う・こ・う  あるの〜〜???」って。

あります!

 

佐賀空港からの定期便

羽田・成田・上海・ソウル

もうすぐ台湾も定期便になる予定

 

今回はLCC春秋航空

佐賀空〜成田(第3ターミナル)を利用したレポート

 

約1ヶ月前にネット予約

チケット代  合計10120円(カード手数料550円込み)

 

 荷物は15Kgまで無料

増やしたい時は追加料金、ネット追加した方が安い

機内持ち込みは5Kgまで
計りに乗せたら5.4Kg
お財布、携帯、ペットボトル、カーデガンを出して
再度計測 4.9Kg

他の荷物は宅配で旅先に送ってます

 

座席指定無し

(脚が長い人や恰幅のいい方は座席指定した方が楽です

ちなみに私の身長は160㎝服のサイズは11号)

LCCですので機内で飲み物・ブランケット等有料

 

f:id:sagayokayo:20170805204300j:image

 

佐賀空港は小さい空港なので

駐車場から延々と歩くことはありません

 

航空券の料金は日によって違います

キャンペーンで1148円の便もあります

春秋航空は不定期にキャンペーンをやってますので

巡り合ったら文字通りラッキー!です

 

出発までシシリアンライス

f:id:sagayokayo:20170805204755j:image

中に温泉卵が入っていて、混ぜて食べます

ビビンバの生野菜版?(辛い味付けではありません)

f:id:sagayokayo:20170805205038j:image

 

飛行機降りてバスで第3ターミナルへ

そこから東京駅・銀座方面だったらバスがおすすめ(1000円)

 

京成とかJRを利用するのであれば

シャトルバスで第2ターミナルへ(乗車時間3分)

 

今日は夏休み&土曜日

京成で移動

日暮里でJRに乗り換え

目的の場所へ

 

JR新幹線利用だと約25000円

半額で移動時間も早い!

 

井出ちゃんぽんを食べるなら本店

f:id:sagayokayo:20170803215651j:image

700円(2017年8月現在)

急に食べたくなる「井出ちゃんぽん」

麻薬性の何かが入っているのかと疑いたくなるほど

時々どーしても食べたくなります

 

メニューには丼物もあって

他のお客さんが美味しそうに食べているのを見て

次は丼物を頼んでみよう!

と思うのですが

毎回入店した途端に

ちゃんぽんを注文してしまう…

 

男性は半分上がキクラゲと生卵入りの

特製ちゃんぽんを注文する

 

ちゃんぽんそのものが美味しい♡事はもちろんですが

 

キリリと調理しているおかみさん

いつもうつむいているので気が付いていない人もいるかもしれませんが

超美人♡

 シュッとした三代目さん

美人おかみさんの息子さん

やっぱりイケメン♡

スタッフの皆さんのテキパキとした動きも気持ちいい♡

 

もし、佐賀に来て井出ちゃんぽんを食べるなら

本店武雄北方店!!!

 f:id:sagayokayo:20170803220505j:image

待ち行列が出来るのは覚悟の上

暑い夏とか変な時間とかであれば待たずに入れます

と書いたのですが

先日(2017年7月31日月曜日気温30度以上)12時10分頃お店の前を通ったら

お店の外まで行列が出来ていました

お店の外に5人位の列が出来ていても

回転が速いので数分で入れます

 

あ~書いてるだけで食べたくなった~~~~

www.ide-chanpon.co.jp

佐賀牛レストラン季楽(きら)JA直営店

セイロ蒸し

f:id:sagayokayo:20170730162630j:plain

家族で行く時は、色々なものを頼んでシェア

写真左下のたれ3種(佐賀産玉ねぎ、ポン酢、ゴマ)玉ねぎたれがイチオシ

f:id:sagayokayo:20170730162658j:plain

 

 

ズバリ! 美味しいです!!!

 

数年前ですが

物欲・出世欲ZEROを装っていた高校生の息子が一口食べて

「美味しい!銀座店で食べられる大人(稼ぐ人)になりたい!!」と言いました

生意気盛りの男子高校生を正直者にする美味しさです

 

JA直営なので品質はバッチリ、お値段もリーズナブル

嬉野茶も美味しいです

 

個室もありますから家族のお祝い事等にも使えます

(もちろん要予約)

 

≪平日昼間も混んでいます≫レポート以下

2017年7月28日(金)11時入店

既に5組着席

その中には中国人観光客女性4人組も

ランチメニューのサイコロステーキを食べコーヒー(セット)をいただき

席を立ったのが11時35分

何と!待ち行列ができていました

支払い中に新たなお客さん

客「どれくらい待ちますか?」

店「そうですね、11名の団体さんもお待ちですので30分以上かと思います」

待合室はレジのところからは見えないのですが

11名以上の方が待っているということ

週末混み合うのは知っていましたが

平日もあなどれません

平日でも11時ジャストに入店しないと待つこともある

 

スタッフに中国語が堪能な人がいらっしゃったので

「中国人のお客さん多いんですが?」と聞いたら

「一か月に1000人位はいらっしゃいます」とのこと

先程の中国人女性4人組もお料理の写真をたくさん撮ってましたから

SNSにUPするのでしょうね

kira.saga-ja.jp

 

ぬっかぁ!!! 方言ってイイネ

f:id:sagayokayo:20170801160431p:image

連日35℃以上!!

暑い!!!

 

佐賀では「ぬっか」

暑くなればなるほど「NやK」をためます

そしてさいごのAは力を抜く

 

NNNNNUKKKa

 

ちなみに

暑い→ぬっか

熱い→あったか

温かい→ぬっか

厚い→あつか

 

例「ご飯はまぁだあったかけん(まだ熱いので)、用心して食べんばよ(食べてね)」

 「ご飯はまぁだぬっかね(まだ温かい)?ぬくみゅうか?(温めようか?)」

 「ぬっか日にあつかステーキばあったかままたぶっぎんうまかやろか?」

 (暑い日に厚いステーキを熱いまま食べたら旨いだろうか?)

  

 

「今年は、どがんでんぬっかね~あんまいきばってごちゃばうっかんがすごんなかよ」

(今年は、とても暑いね~あんまり働いて体を壊さないようにね)

   ↑でしゃべってもなんだか気持ちが伝わりません

 

方言っていいですね♡

 

そいにしても ほんなごて ぬっかよ~~~

伊万里風鈴まつり (6月中旬~8月下旬開催)

f:id:sagayokayo:20170801110242j:image

真夏の平日午後人が少ない事を願って足を運びました

しかし、大型バス3台の韓国人観光客と遭遇!

にぎやか~

ツアーの滞在時間は短く

ほどなく静かな時間に戻りました

 

f:id:sagayokayo:20170801120646j:image

焼き物の秘密基地だったって事てことでしょうか?

陶工は藩からお給料をもらっていたけど

技術が劣るものはリストラされていたそうです

 

f:id:sagayokayo:20170801110351j:imagef:id:sagayokayo:20170801110336j:imagef:id:sagayokayo:20170801110418j:image

気温35度くらいだったと思いますが

クーラーが効いているお店もあって

順番にお店に入りながら歩いていると

それ程疲れませんでした

風鈴のチリン・チリンという涼やかな音も心地よかったです

f:id:sagayokayo:20170801110616j:image

友人へのプレゼントを探して、結局これにしました

良い買い物ができ満足です

 

ゆっくりと見て回り

途中コーヒー飲み

3時間程の滞在でした

 

www.imari-ookawachiyama.com

 

干潟体験

f:id:sagayokayo:20170727144535j:image

 

f:id:sagayokayo:20170727144554j:image

干潟で泥んこになりませんか

ムツゴロウを捕るのは素人では難しいですが

ガタスキーなら出来るようになるかも

f:id:sagayokayo:20170727154756j:image

 

michinoekikashima.jp

f:id:sagayokayo:20170727144620j:image

遠方から来られる方は嬉野温泉

spa-u.net

竹崎がにで有名な太良に宿泊

泊まる |太良町ホームページ

 

くすり博物館(鳥栖市)

佐賀県内に江戸時代国境(藩の境)があった事、知りませんでした

江戸時代鳥栖市の一部は対馬藩の飛び地だった(びっくり!)

薬売りといえば富山と思っていたのですが

佐賀県の田代売薬も大きなシェアを持っていた

 

2017年2月11日〜9月3日まで

特別展「田代売薬」開催

お子さんと訪れて欲しいと思いました

 

常設の「アルバン アトキン薬局」

19世紀末ロンドンにあった薬局をそのまま移設再現

そこに入るとタイムスリップしたようでした

 

 

f:id:sagayokayo:20170725225408j:image

 

訪れた日はあいにく雨で「薬木薬草園」は観ていませんが

春や秋ののどかなお天気の時に再度訪れたいと思います

 

建物はイタリアの現代彫刻家チェッコ・ボナノッテ氏によるものだそうです。

見る人が見たら素晴らしさが分かるのでしょうが…

スッキリした建築物でした

 

「置き薬」が懐かしいというのは何歳くらいまでなんでしょうかね?

紙風船とか、引き出しの箱とか、薬包紙とか…

 

中冨記念くすり博物館